• b-facebook
  • Twitter Social Icon
Please reload

RECENT POSTS: 

FOLLOW ME:

  • Facebook Clean Grey
  • Twitter Clean Grey

セレステ・ウレアガ写真ワークショップ Celeste Urreaga's Photography Workshop 12/7 3 - 6 pm

November 22, 2019

English follows the Japanese

 

セレステ・ウレアガ 写真ワークショップ

クリエイティブ・フォトグラフィ・ワークショップ ― アイデアから完成まで

12月7日(土)15時―18時 通訳あり 

講習料:3000円 

持ち物:ご自身で撮られた写真(プリントしたもの)

 

アルゼンチンの写真家セレステ・ウレアガによるトークとディスカッションによる写真のワークショップです。

 

以下セレステ・ウレアガによるワークショップについてのステイトメントです。

 

「写真で何を語りたいかを決めましょう。写真で語れるようになれば複数の写真を一連の作品へまとめることができます。写真を通して物語を構築していくのです。

ワークショップではアイデアを具体化する方法、一貫性をもって、ある方向性をもつストーリーを写真で語る方法、理想とする作品を作り出す方法など、

完成するまでのプロセス全体についてお話ししていきます。

アイデアの発展させることについて、制作、制作設計、準備、表現、アートディレクション、技術チームとの連携、ポストプロダクション、写真編集・画像加工、写真選定、キュレーター的な考え方、現像、写真用紙の選び方、合成についてなど、それぞれの段階についてもお話しします。

皆さんの様々な目標・目的について、例えば作品展示、ポートフォリオ制作、顧客にむけた写真撮影、個人的なプロジェクトのための写真撮影についてお話しします。

また利用可能なリソースを最大限活かすことについてもお話ししたいです。

写真と向き合い、他者の目を借りて自分の写真を発展させていきましょう。写真を読み解くことを学べば、写真を構成していくことができるようになります。」

 

■セレステ・ウレアガCeleste Urreaga

アルゼンチン、ネウケン州出身。

2015年 セルバンテス文化センター東京にて東京初個展「アルゼンチンロックのポートレート」を開催。

2016年 ニューロ吉祥寺(東京)にて「Doble Mirada」(Eiji Kakugawaとの二人展)を開催。同年 日本写真協会2016年年鑑に掲載される。写真集食堂めぐたまにて飯沢耕太郎氏とのトークイベントを開催

2017年 セルバンテス文化センター東京にて2度目の「Doble Mirada」を開催。同年 東京工芸大学、清泉大学、日本写真協会にて写真ワークショップを開催。「さまざまなフェミニズム」の制作をはじめる

2018年 2人の日本人と2人のアルゼンチン人をアルゼンチン、メンドーサ州のアーティストレジデンスに滞在し製作するプロジェクトのコーディネートを行う。セルバンテス文化センター東京にて3度目の「Doble Mirada」、

前出の滞在制作プロジェクト展示を開催。同年 東京工芸大学、清泉大学、セルバンテス文化センター東京にて写真ワークショップを開催。清泉大学にて「さまざまなフェミニズム」展を開催。メキシコシティにて開催期間2か月にも及ぶ大規模な展示「Erotics of the Fema Women」を開催

2019年 アルゼンチン、メンドーサ州にて「Doble Mirada」を開催。メキシコ、アルゼンチン大使館にて「Doble Mirada」を開催。

11月ギャラリーOGU MAG(東京)にて4度目の「Doble Mirada」を開催

11月北京の芸術祭にて自身の作品を中国にて初展示(協力:中国アルゼンチン大使館)

12月ギャラリーOGU MAG(東京)にて「さまざまなフェミニズム」を開催

メキシコ、ソノラ文化センター、東京工芸大学、ギャラリーOGU MAGにて写真ワークショップを開催

セレステ・ウレアガの日本での活動は日本のアルゼンチン大使館、アルゼンチンの日本大使館、メキシコのアルゼンチン大使館、アルゼンチン文化省、外務省やセルバンテス文化センター東京、日本写真協会から制度的支援を受けている

 

 

- CREATIVE PHOTOGRAPHY WORKSHOP: From Idea to Print ...

From 3 - 6 PM on Saturday, December 7

Price: 3,000 yen

Bring your printed photography

 

Work on the construction of a Photographic Essay.

¨ Essay is the Judgment.

The Photographic Essay is a body of work. ”

Build a narrative through photography as a tool.

How to materialize an idea?

How to tell a coherent and directed story towards what we want to say through images?

And how do I get along? How do I produce what I want?

And the whole process until its realization.

 

Development of the idea:

Production: Production design. Preproduction. Presentation. Art direction. Technical team. Post production.

Photo editing, Selection, Curatorial script. Printing and Printing types. Mounting forms

 

We work on the IDEA for various objectives:

Display the work, make an exhibition.

Portfolio review.

Realization of a photographic production or Customer Campaign.

Personal project.

 

Work on maximizing available resources.

Work on your photographs.

Develop one's own look with the help of the other's gaze.

We work on the composition by learning to read the images.

 

Celeste Urreaga: Argentina

2015

exhibited for the first time in Tokyo her work "Portraits of Rock" at the Cervantes Institute in Tokyo, it was declared Cultural Interest by the Ministry of Culture and the Argentinian Embassy in Japan.

2016

creates her work "Doble Mirada" (double looking) exhibiting it in Tokyo.

The Photographic Society of Japan included it in the 2016 Yearbook "Japan Photo Almanac 2016".

In Japan, she was invited by Mr. Kotaro Iizawa, one of the most important photo critics in Japan and shared about her work.

2017

she made the 2nd edition of "Doble Mirada" at the Instituto Cervantes in Tokyo.

• Conferences in different Universities:

• Tokyo Polytechnick University,

• Seisen University

• The Photographic Society of Japan.

Same year she created her work ¨Erotic of Feminine¨.

2018

she creates, directs and coordinates an Artistic residence in Mendoza City, Argentina, linking Japanese and Argentinean artists, continuing with her work "Doble Mirada", and the result of this residence was present in the same year at the Instituto Cervantes in Tokyo part of the official celebrations of diplomatic relations between Japan and Argentina with the support of both Embassies.

Dictated workshops:

• Tokyo Polytechnick University

• Seisen University and

• Cervantes Institute of Tokyo.

She exposed her work ¨Erotics of the Feminine¨ at Seisen University in Tokyo.

She presented her work "Erotics of the Fema Women" in Mexico City, in an exhibition that lasted two months.

2019

"Doble Mirada" arrives in Argentina and is presented in Mendoza, Argentina.

Presented this work at the Argentine Embassy in Mexico.

In November she presents in Tokyo the 4th edition of ¨Doble Mirada¨ at OGU MAG gallery.

She arrives for the first time in China, to exhibit her work in Beijing with the support of the Argentine Embassy in China.

And in December he will present her work on femininity, ¨Erotic of the Feminine¨ in Tokyo, Japan, in OGU MAG.

She gives her workshop:

• "Creative Photography" at Culture Institute of Sonora, México.

• "Creative Photography" at the Polytechnic University of Tokyo and at the OGU MAG Gallery, in Tokyo.

She has counted on institutional support from the Argentinian Embassy in Japan, Embassy of Japan in Argentina, Argentinian Embassy in Mexico, Ministry of Culture of the Argentinian Nation, Ministry of Foreign Affairs and Argentinian Worship with declarations of Cultural Interest, to all activities in Japan. As well as the Cervantes Institute of Tokyo and The Photographic Society of Japan.

 

 

 

 

Please reload

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now