• b-facebook
  • Twitter Social Icon
Please reload

RECENT POSTS: 

FOLLOW ME:

  • Facebook Clean Grey
  • Twitter Clean Grey

川島紀良 写真展「Zephyros」 2019/4/30(火) -5/5(日)

March 26, 2019

 

 

川島紀良 写真展「Zephyros」

2019.4.30(火) -5.5(日)

open 13:00-19:00(トークがある5.2(木)/ 5.4(土) の展示は18:15 まで)

 

 

 

「耳を出したら」口にしたくてできない。

 あなたはわたしのものではないから、耳を、という欲望に答える必要はない。

 残念ながら、わたしもあなたのものではないから、耳を、と発したいわたしをあなたが弄ぶこともない。

 仕方がないので自分の耳をつまむ。ひんやりした柔らかい感触に息を飲む。ぼんやりしてきた。この行為は意味があることなのかと考える。耳たぶをつかみ考える。

 かきわけ行く。瞳が傷付くことも恐れない。

 耳、を見たい一心、瞼は出っ張りちょっととがって、カメラのレンズのフードのようだ。

 ちく、触れる枝毛にじょじょに瞼が腫れる。穏やかな丘になった手にさわる。

「伸びたね。寒かったから」

「そう、冬でした」

「ぶらぶらしましょうか」

 髪をめくることはできない。幾人も、幾度も、声が通り抜けた耳が、髪で秋から閉じられている。乾き気味な、まだ伸びる髪を使い、人のより大きい手の平、甲、指のはらを使い、響きの波から守ろうとしている。荒れるのを怖がっている。

 首筋の影は髪より濃い。背から見るとわかる。

 歩いているうち、影へ、緑が射す。

 木々の中に溶け、ふさいだ耳が、鳥が鳴くのにも汗ばむ。

 耳の扉の向こうはとどろいている。

 吹き、啄まれて花弁が滑る。

 

 Zephyros(ゼピュロス)はギリシャ神話の西風の神。

 地中海人にとって実りをもたらす春の風。

 


 

〔トークセッション〕無料/ 事前申込不要

 

5.2(木)・峰崎野人(ゲスト)18:30-19:30

「語り掛ける」

 声を出さないままに語り掛ける風景、写真。私たちはそこで、その前で何をしているのだろう。

 そんな疑問だらけで、写真家の峰崎野人さんと話したいです。

 

5.4(土)・豊原康久(ゲスト)18:30-19:30

「凸凹の道」

 町、海辺でスナップし続ける人、写真家の豊原康久さんの来た道、行方を追い掛け、私も人の歩くところを歩いてきています。

 その眼並ぶ、一緒に見る、この場所で、ふたたび会いたいです。

 

 

■川島紀良 Noriyoshi Kawashima

1972年 東京都生まれ

日本大学芸術学部文芸学科 卒業

東京綜合写真専門学校第二学科 中退

現在 フリーランスフォトグラファー

2010年 写真展「Zephyros」サードディストリクトギャラリー

2016年 写真展「Zephyros」ギャラリーOGUMAG

2018年 写真展「Zephyros」ギャラリーOGUMAG

Please reload

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now